☆銀しゃ~りんです。☆

果てしないたわごとをつらつらと

笑一笑!広がる笑顔百景、破顔一笑

静かな街に笑顔の花が咲く。

カラフルな彩に包まれて、街の景色は一変、人々も破顔一笑

 

アイドル、いやももクロというジャンルを築きあげてきた彼女達が通る道には笑顔が溢れる。

 

 

 

 

 

春の一大事 2018 in 東近江

~笑顔のチカラ、つなげるオモイ~

 

 

 

 

 

昨年の富士見市からバトンを受け継いで開催された春の一大事。

割と軽い気持ちで応募して、チケットがとれたので姪と参加。

観光がてら友人に会う目的でライブには参加しないが妻も一緒に旅行がてら東近江市へ。

 

東近江市というライブ会場としては経験のない土地、昨年開催された富士見市からのバトンを最初に繋ぐ春の一大事としての今後を左右するであろう2回目、4人で最初の大箱という事など様々な事があり注目されているであろうライブでした。

 

ライブ会場としては経験はないものの、富士見市で経験した人達やももクロスタッフ陣営のアドバイスや手助け、そして何より東近江市のプロジェクトメンバーがアドバイスをうけとめて自身の街に負担がかからないように準備してきた事全てがバチッとハマって大きな混乱もなく開催できたのは素晴らしいと思った。

 

それをうけとめて、趣旨を理解したモノノフのみなさんの行動も東近江市からの感謝状という形で評価された。

 

普段よりよく言われているモノノフの評価。

それも一重に、ももクロちゃんの顔に泥を塗る事はしたくない、普段から意識高い系ヲタ(装備が一発でそれとわかる)というのもあり、自身の行動がももクロの評価に直結してしまうという事を理解した上で、ふとした時に1歩立ち止まって考えられる状況にあるというのがすごく重要なことなんだなぁと思った。

 

今回私は金曜の夜関東から車で途中岐阜に泊まって、翌日土曜ライブ、日曜は観光して帰宅という工程で遠征参加。

 

地方でライブをするということ、地域活性化もいう面でもももクロを誘致、モノノフの遠征はよかったのだと思う。

 

モノノフの皆様が、観光や地のものを食べるのが好きなのは、年代がバラけているって、結構要素だよなぁって思ってて、若い人達はアクティブな観光へ、年が上になるとゆっくり腰落ち着けて地のものを食べる(値段が高くても食べる)、親子連れも多いから家族旅行のような形になって宿泊、名所観光などなど、それと、ももクロの面々がライブだけパッと来るんじゃなくて、開催前から開催地とガッチリ入り、打ち合わせや、観光名所を事前訪問(すぐ聖地になる(笑)、そして前回はももかの出身地ということもありその住んでた近くのお菓子屋さん、今回はTwitterで頑張った(?)モノノフのいるもんじゃ焼き屋さんなどなど、ももクロが事前に訪問してなくてもなんとなく関連性のある聖地ということで人が訪れる理由ができる事、これは結構な強みですよね。

 

自分もだけど、ライブに参加してない妻ももともと御朱印はもらいに行こうとしていたので、日曜は太郎坊へ。そこでなかなかの階段を登ってる最中でも、参戦服を身にまとった人々が多数おり、私も普段着であーりんソロコンのハードロックTシャツとポシュレリュックだったので、お互い「あっ!」と破顔一笑。そしてご挨拶。

人によっては、階段まだまだありますから頑張ってくださいねー!って声掛けてくれたり。

すごい、いい雰囲気の中の観光でした。

お参りし、御朱印いただき一休みして次はももクロちゃんが行ったわけではないけれど、お寺さんの御朱印もーって、事で安土城跡にたつお寺さんへ。

そこでもカラフルな人達がいたので、聖地とか関係なく観光してお金落としてるからやっぱ東近江市だけでく、近隣地域にも活性化のお手伝いできてるよなぁと関心。

 

他のアイドルやバンドは知らないけれど、私が応援してる人達のまわりは結構積極的に(?)活性化してると思う。

 

ちなみに、ずっと応援してるYUKI様(元ジュディマリ)の遠征に行った時も観光したし、地のもの食べたりしましたよ。

 

 

と考えると応援する人によるのかなぁとも考えたけど、ここまで多くの人が観光やらなんやらするのもモノノフ特有なのかなぁと思ったり。

 

もちろん、日帰りで新幹線往復でライブだけみて帰る人もいると思う。それはそれでその街を知ることができるし、ジュースの1本でも買えば経済効果の一員にはなってると思うので、遠征に行こうかなと思える対象、でその地に降りたって今回だったら東近江市という場所を知ること、新幹線とかなら彦根シャトルバス拠点の、近江八幡などなど

今回のライブで知ったって人も少なからずいると思うので、それによって今回はライブだけ参加だけど、今度ゆっくり観光しようと

思ったらそれによる今後も繋がってくるんじゃないかな。

 

たねや(クラブハリエ)の本店が近江八幡なあるんだーって初めて知った人もいて、関東でもクラブハリエのバームクーヘンが売ってるところは多いのでそこでも買ってみようってなるライブに行ってない人もいるかもしれない。

今ならももクロとコラボのバームクーヘンは売ってるからそれで知って近江八幡に足を伸ばす人もいるかもしれない。

 

と、この春の一大事のすごさと重要性について長々とすみませんでした。

 

 

肝心のライブですが。。。

 

スタンディングで、花道横の柵より2、3人うしろに位置。

目の前に4人の天使が代わる代わる通ったり立ち止まったり…

本当、可愛すぎて直視できなかった…逆光だったので後光さしてるみたいで本当に天使だと思った。

ひとつ謝りたいのは、5mほどの場所にしおりんが立ち止まって歌っていたときに、私のまわりはサイリウムを黄色くしていたが、私はピンクのまま、20メートル先のあーりん見てた。

しおりん、ごめん、顔小さくて足長くてめちゃくちゃ可愛かったよ。でもおいらあーりん推しだから(

 

「近距離のしおりんより、それなりに近くのあーりん」

 

かなこちゃん推しの姪っ子に

「おいちゃんだけ横向いてたよ(笑)」って笑われたのがハイライト(

 

花道横は経験なかったから本当人生で1番近かったと思う。

真横が女性とこども限定のスタンディングだったので、こちらには一瞥もくれなかったあーりん様でしたが推せます(

 

4人ともニコニコ笑顔で手をなるべくみんなに降っていたけどね!

 

姪っ子も近かったねー!って大喜び!

あんた、子ども祭りでれにちゃんとハイタッチしたやん!

 

まぁそれはそれ(笑)

 

 

目の前に180cm超えのお兄さんがいたので、花道にメンバーくる以外はモニターでダンスなど確認。

大きい人も花道横で見たいよね、だからしゃーないんだがね。

 

Overtureのコールがバラっバラだったのは少し残念だったなぁ。

あれがバチッと揃ってて地響きのようなうねりをあげるのがすごいすきなので難しいとは思うけどここは揃えたいですね。。。

 

 

1曲目にチントンシャン予想してたが、決意のDNAで頭と心のもやもや吹っ飛ばされた!

4人とは思えないパワフルさ。

そして今回れにちゃんが歌の安定感絶好調だった!

 

東近江市の小学校の子供たちの合唱からの希望の向こうへが涙腺崩壊!

れにちゃんの綺麗な透き通った歌声がものすごいマッチしてて、こどもたちとの相性ばっちし!

 

その後の笑一笑でも、泣いてましたけど。

 

ライブが始まる前のジャズ演奏もよかったなぁ。暑くてダレてた気持ちが落ち着いた。

 

ももクロ 春の一大事 in 東近江
4/21メンバー
西村有香里(Tenor Sax)
田中洋一(Trumpet)
笹井真紀子(Piano)
大塚恵(Bass)
冨永ちひろ(Drums)

 

ベースの、お姉さんがセクシーだった(

 

ジャズ演奏チームがものすごいいい仕事を本編でもしてくれましたね。。。

 

そして、忘れてならないももクロちゃんにとって大事なビジネスパートナーさとし。

 

東京03の東近江コント笑った(笑)

姪っ子もケラケラ笑ってた(笑)

 

これからも是非懇意にしていただきたい。

 

黒い週末や、コノウタ、デコレーション、ピンキー、などなども聞けて大満足。

 

4人で大箱をやれるというじしんをつけるのにもうってつけな会場で、それを裏付けるのに重要な開催の大成功だったんじゃないかな。

 

 

泣くのは自分次第笑うのも自分次第さぁ、どうすんのか決めな

 

と言い聞かせるような、問うようなかなこちゃんの歌い出しから始まった1日目。

ふっと風が吹いたかと思わせるほどOvertureのもやもやを吹き飛ばしてくれた。

 

畳み掛けるかのように、BLASTで勝利のANTHEM。

私たちの答えは決まってる、ライバルは自分だと。

誰かの物差しで自分を測ってたんじゃロマンが足りないんだよ、そうなんだよ。

ここにいる我々も全力で4人のももクロを応援していく事、それを確信に変えるかのように声を絞り出して、BLAST!BLAST!BLAST!

 

もう、大丈夫かなみんなの、心の迷いを少しでもとばし、どこまででも行ける勇気を手にして、行く春、来る春。

 

決意を味方にしたら、逆境こそがチャンスだぜ!今をチャンスと捉えてマイナス要素をプラスにかえる!

それに必要な、六人の名前を全力でコールできるピンキージョーンズで泣いた。。。

 

 

アカリ照らせどこまでも

レイニー雨が降ったって

いつかいつかとどくのカナ、コの思いは

シオリ挟む夢のページ

シャイニーくモモカがやくよ

頑張るタフ仲間達

アヤカっていざ

 

ライブできくと必ずと言っていいほどないてる曲、今回は特に泣いた。。。

 

泣いてばかりじゃいられない、チャイマでテンションあげていくぞーーー!!!

 

そんで、新曲(?)であるGET!ZGO!(マー君入場曲)、勝手に君にとマー君シリーズ!(海の向こうでこの週末勝利したみたいですね)

 

ゴールデンヒストリーで泣きながらコールして、東近江コントで一休み(笑)

 

さとしの咳き込みで、まわりざわざわしたけど、始まらずにあれ?ってしてたらさとし→れにちゃんの咳き込みコンボからの黒い週末(笑)

 

かっけー曲つながります、デコレーション!!!

 

かっこよく決めて、東近江小学校の合唱。

 

一生懸命歌ってる姿と、サイリウムをふるモノノフに涙目。。。

その後、菩薩様登場!

綺麗な希望の向こう。。。涙腺崩壊。。。

 

そこからニッポン万歳で小学生のみなさんと楽しんだあと、コノウタ!

 

サボテンとリボンでかわいくきめて、コントラで爆発!

 

笑一笑で泣いて、チントンシャンで全力コール!

 

リンクリンク→青春賦でまた泣いて…

 

 

いい感じに日が暮れてきたところでジャズ演奏チーム再登場。

それが、桃色空のジャズアレンジ…それにあわせて歌ってて、最高の桃色空だった。

 

ここで、みんな思っただろうな。

ここに、彼女がいないのが少し悔しいと。

それを思わせないように4人の歌にしていくのにはもう少し時間がかかりそう。

でも、いまできる最高の演出、歌声の桃色空だったと思うよ俺はね。

 

アンコールは、吠えろからはじまり

 

オレンジノート→走れ→怪盗少女

 

の初期からの良曲で締め。

 

自分は、昨年の夏の大箱→1月の卒コン→東近江だったのもあり、久しぶりの大箱ライブであり、4人の最初の大箱だからものすごい楽しみにしてました。

その予想を超える出来栄え。

ドームに向けてのスタートとしてかなりよかった。

ダンス全部出来上がってないのか、花道よくつかって移動しながらみんなの顔みたかったのか、はたまた両方かわからないけれど、大箱だったからこその花道、近くに来てくれたら嬉しいし、ももクロの、ライブはわりとどこでも神席になり得るなと初めてライブ行った人も理解できるだろうし。

 

ここまでつくりあげるのも大変だったろうし。。。

 

毎回ベストライブ更新してくるももクロちゃんと、陣営。頭がさがりますね。

 

野外で地方というのもいかして、わざと外から無銭で微妙にモニター見える箇所つくったのかって思うようなやりかたや、それに対してまったく(自分が見た限り)文句いってるが人がいないモノノフ、無人駅に3万人!?とか煽られたけど大きな混乱もなく、みんなしっかりプロジェクトチームの準備したインフラ利用して、帰りのシャトルバス待ちでも騒ぎ起こらず静かに、いやライブの余韻に浸りながら感想を話していてみんな逆ににこやかだった!

 

そんなももクロをこれからも推せるし、陣営は信頼出来るし、モノノフのみんなも素晴らしかったですね。。。

 

 

これからも毎年どこかの街でカラフルな人達が街を賑やかにして、ももクロ、街、モノノフの評価を落とさないようにずっと、続いていくといいなぁ。。。

 

来年から開催する場所はプレッシャーになると思うけど、富士見市東近江市ももクロ陣営やももクロ本人達、そしてモノノフが味方です。決まったら抱え込まずにいい所はどんどん盗んで、新しく楽しそうな事はどんどんチャレンジしてほしいと思う。

 

地元の友人に区役所勤めいたかなぁ…探してみよう。

 

 

ももクロちゃんへ、サイリウムはまだ光っているよ

 

「もう悪い大人達は壁をつくってくれない」

 

かつて、そう言った百田夏菜子さんは

「笑顔の天下」

という、果てしない夢に向けて4人の仲間たち(とスタッフとモノノフ)と歩き出した国立競技場。

 

嘘偽り無く、この5人は永久的に5人でZ伝説をつくっていくんだなぁと思ってました。

疑いも無く。この現状に慣れて、一生続くものと。

 

最強で最高で最上の5人。

 

私の初現場は国立二日目です。

生であの最後の挨拶をきき、沼に片足だけだったのが、あのライブ終わる頃には頭まで浸かっていました。

 

もう、抜け出せない!

 心の中でほくそ笑んだのを思い出しました。

そう、人生で初めてバンド(ジュディマリ)にどっぷり浸かったのを思い出したんです。

 

そんなももクロ、参加できるライブにはチャンスあれば参加して、昨年の夏バカがすごいよくて、ももクロはやっぱ最強だよ!と思ってました。(今も思ってるけど)

 

そんな中、ももクロの緑担当有安杏果の卒業の一報。

 

仕事の休憩に入り、昼食をどこにしようか悩みつつTwitterをひらくと、TLが騒がしい。

 

「え?」

「嘘だろ?」

「公式の案内でるまで信じない」

「どうせガセだろ」

 

と様々な反応。

 

その、流れで目に飛び込んできた

有安杏果ももクロから卒業を発表」の文字

 

この文字をみただけではガセだろ、公式発表するまで信じない。と自分は思ってました。

 

すると、妻から

「ももか卒業って本当?」

とメールが。

 

そのメールに目を通し、卒業発表の内容が

公式ホームページにあることをしり、それを読んでもまだ信じられないが、本当らしいと言う事を知る。

 

妻には本当らしいとだけ返して、その後は嘘を発見するまでやめたくない気持ちがあり、心臓バクバクしながらTwitterやニュースサイトなどをみていた。

 

その後続々とテレビやラジオの出演などの情報があがり、じわじわと真綿で首を絞められるがごとく、虚実と思っていたことが真実になっていく感覚を味わう。

 

これもそう、ジュディマリが休止からの解散発表をした当時の気持ちに似ていて、気が気じゃなかった。

 

その頃には、5人でももクロだろ?どうなるだ?という気持ちと、友人のももか推し大丈夫か!?と色々な負の要素が混じりあっていた。

 

真綿で首を絞められる感覚が落ち着いて、真実を受け入れないといけないと思い込ませ自分の気持ちの拠り所を探す。

 

その拠り所として、そうだももクロ聴いて落ちつこうとランダム再生したら白い風。

 

 

ありがとう、優しく笑う君のそばで強くなるもっともっと。。。

 

 

車を路肩にとめて泣いた。

 

ももクロももクロでなくなる事が、

 

1人抜ける事が、

 

夢が、

 

希望が、

 

拠り所が…

 

テレビで見る笑顔が、

 

涙が、

 

全てが…

 

心の中でガタガタと音を立てて崩れていくのがわかった。

 

ただ、心の中の崩れたものを泣きながら拾って積み直しては崩れて、でも積み上げてという作業を、仕事をしながら続けた。

 

ももかの心の中の真意がまだ分からなかったから。

 

普通の女の子になりたいと、テレビの前で笑顔で語った彼女。

そこには、清々しささえみえた。

 

周りを精一杯の笑顔で対応しようとしている4人が囲み、色々な方からのフリに答えていた。

 

質問や返答は割とどこも同じような感じで、何も真実は見えてこないなと思っていた。

 

1月21日のコンサートというのが、はじめのうちは4月の間違い?と言われていたが急遽の、開催で21日の幕張が決まった。

 

そこは、なんとしても行きたい。他推しだからとか関係ないと、、、

 

改めて、5人のももクロが好きたったんだなぁと認識した。

 

その後、山ちゃんのラジオ、ゴボウのラジオなど、関係性の深い人とのラジオでポロポロと本音を出してきたのが嬉しかった。

 

でもやはり心の中ではまだ納得できておらず、もやもやとした日々が続く。

 

普通の女の子になりたい。

 

生まれてからこれまで、芸能生活をしてきた人が、大学生になって自分とは違う生活をしてきた人と交わり、心の中でこんな生き方があるのかと好奇心…なのかな…違う気もするけど今は好奇心としておきますね。

 

その好奇心に突き動かされて、自身の今までの生活を考え直してだした結論。

 

本当に、疲れてしまったんだね。

 

気持ちはわからなくもない。

例えば、田舎暮らしが長い人が都会に憧れて出てきて、都会の生活をしてた人と出会う。

そして、田舎の話をすると、都会の人は田舎の大自然や、のんびり静かに過ごせる生活が羨ましく思い、都会から離れて田舎で田畑を耕す生活にいってしまうような。

 

そんな簡単な感覚ではないと思うけど、ももかも仕事づくめの生活で例えば自分のやりたい事を自由にできない事に、縛られていることに我慢出来なくなって、ソロで自由に表現した事により、世界はこんなにも輝いているんだ!って気づいたのかもしれない。

 

それこそ、言い方悪くなるかもしれないけど、大学生活の中で友人達が、バイトの話や習い事、藝大だからそれこそ自身の表現の幅(ももクロにいることで、表現に制約が出てきてしまうのことは当然あると考えて)などを考えた時に、友達には道か何本も広がっていて、自身に核となる部分がももクロであるために表現できないことが(よくよく考えるとももクロであるからこそ広がる事もあると思うんだけどね)なんて考えてしまったのかもしれない。

 

「どうして世界はこんなに不公平なのー」

 

と劇中のセリフが頭をよぎった。

 

「なんにもないってこと、そりゃあなんでもありってこと、君の行きたい場所へどこでも行ける」

 

hideのROCKET DIVEが頭ぐるぐる回りながら、5人のももクロ最強だから、ももちゃんはやめへんでー!と邦正のネタのように戻ってこないかなぁ(それはできない雰囲気である事はわかった上で)とか、うっそぴょーん!ってうさ耳つけて出てきてくれないかなぁとか(それはできない雰囲気以下略

 

とうっすらとした期待をしつつも、悲壮感漂う周りを見て、

 

うん、ないよね。

これは夢じゃない。

 

と1人ラストライブ(この時は変な自信で行けると思ってた)で、どうなるかわからないけど、行ってみんなの本音が聞きたい。

 

と、思ってました。

 

まぁ案の定チケットは外れて、バタバタしたけどなんとかLVに入れた。

 

発表から卒コンまでが一週間しかないという状況で、運営には本当感謝しかない。

 

LVや配信もそうだけど、負の発表をここぞとばかりにメディアに出続けて、最終的には10周年への弾みまで繋げにいった。

 

その分、4人への負担がかなりのものになったと思うけど。

 

ここで、ふと思い出したのが国立でのあーりんの言葉。

 

あの時、あーりんは進学するかしないかの時期で、国立で進学せずももクロに捧げるという言葉を残していた。

もしかしたら、ももかから大学の話を聞いていて、本気で悩んでいたかもしれない。

と同時にこの時はももかは、大学とももクロ同時進行でも、中途半端にしたくない!ももクロにいい効果がだせる!って思ってたのかなぁ。

本人のみぞ知る、その時歴史が動いたじゃないけど、自分の思考の変化のスイッチがどこで入ったんだろうと考えると、大学4年のあたりなのかなぁと思う。

誰かが書いていたけど、ももかがモノノフさんと呼ばず、ファンと呼び始めたのもそのあたり?調べてないのでわかりませんが。

 

とまぁ、憶測で話していても、ももかがももクロを離れたのは事実なので、これからは4人のももクロを推して行くんですが。

 

その4人の船出、と同時にももかの卒業のライブ。

LVだけど行ってきた感想を書きます。

 

 

正直に言うと、かなこちゃんが最後の最後で言った

 

「感情ぐちゃぐちゃにしてごめんね」

 

っていう、かなこちゃんの心の状況、

 

 

 

 

ももかが本当にいなくなった

 

ももかの不器用なセリフでの動揺

 

4人でのあの空

 

南ピーさん登場

 

10周年ライブ

 

東京ドーム

 

一瞬改名かと思わせといてBESTアルバム

 

 

などなど、本当感情ぐちゃぐちゃでした。

 

 

ライブはもう色々情報出ているからそれぞれみんな、みてください。

 

モノノフの魂のOverture

 

2014の紅白衣装

 

白い風でのももかの魂のビブラート

 

怪盗少女のコール

 

灰とダイヤモンド

 

もうおじさん、ずっと泣いてたよ。。。

 

5人のパフォーマンスをめにやきつけるぞ!と思いながらずっと泣いたよ。。。

 

みんな調子いいのか、こんな時だからこそ実力以上がでたのか、、、

 

その中でも音の反響なのかトロッコに乗っている時にれにちゃんが歌い出しずれたんだけど、あーりんがすぐ気づいてれにちゃんに伝えて、ももかがすぐに修正して…

 

こんなところでも最高のチームワークじゃねえか!と泣いたり。

 

ライブ最高でした。

 

本当に終わっちゃうの?っていう心残りもあった。

 

そんな時にメンバーの言葉で、かなこちゃんの

 

「10周年は…………5人でむかえたかった」

 

で、幕張は涙に包まれた。

 

 

 

その後のももかの言葉が色々言われてるけど、自分は一瞬クエスチョンマークでたけど、不器用な言葉足らずと思ったという意見があちこちであるけど、それで納得できた。

 

10周年を迎えるにあたり、自身の卒業を被らせてしまうと、推進力が落ちてしまう、自身のももクロ加入10周年まで微妙な気持のまま(それこそ中途半端な気持ち)で走り続ける事になるかもしれない。区切りが良すぎると、ファンも区切りつけてしまうかもしれない。

だったら、ももクロの未来のために、自ら引くことが4人のこれからの推進力になるならば…と。

 

 

奇跡の5人に関しては、ももか間違ってる。

 

 

れに、かなこ、ももか、しおりん、あーりん

 

で、奇跡の5人だよ。

モノノフは、奇跡のクローバーのまわりで支えてる三葉だよ。

 

そんな事を思いながら。

 

奇跡の五つ葉クローバーは一葉摘まれて四つ葉のクローバーになったわけだけど、かなこちゃんが少し弱気に着いてこいとはいいません、一緒に歩いてきてくださいと言っていたね。

 

ちょっと心配した。

 

 

けど、すぐさまれにちゃんが、着いてこい!と覇気をくれた。

 

サイリウムの道筋、その先へのまずは東京ドームへの光は続いてる。

 

まだ迷っているなら

 

4人を応援すると決めたモノノフのサイリウムが、少なくとも東京ドームまで続いてるから、頼りにしてください。

 

 

呑気な中にも思うところはあってですね

先日のAE限定ライブ、ワンダーランド行ってきました。

 

本気の5人(?)を見るのは夏バカ以来か。

 

子ども祭りはあくまでも子どもを楽しませるセット。

イベントとしてはかなり楽しいですけどね。

ライブっぽくはない。

 

んで、そのあとはあーりんのソロコンだったので、本気の(?)5人は夏依頼となります。

 

セットリストなどは各所であがっている通り。

若人から3曲選んで、5人×3曲で15曲。

 

☆あーりん

ヤムヤム→マホロバ→LinkLink

☆しおりん

MDF→勝手に→何時だって

☆ももか

空カ→5the→笑顔百景

☆かなこちゃん

ロスチャ→月虹→ニッポン万歳

☆れにちゃん

武陵→ゴルヒス→ガンズ

 

各所に見られるワンダーランド。

★左端でかなこちゃんつっついて遊んでるあーりん

★ももかの帽子にかかってた髪の毛をあーりんがなおしてたり

★彩高が別のトロッコのってたんだけど、トロッコが交差する時にあーりんがれにちゃんのお尻ぺしっとイタズラに叩いてみたり

★先頭で足つぼマット入りしたあーりんが後続が遅いのに気がついて

「早くきて!(迫真」

と言ってたり

★かなこちゃんに手抜きしたでしょーと散々弄られてる玉様がかわいかったり

★足つぼマット上のおばぁなももかが面白かったり

 

そんなワンダー。

 

その中でもね。

 

 

私は行ってないけど、TL上でおっかけたり、色々記事観たりして感じていた…

 

有安杏果の武道館公演。

 

どんどん神格化していて不安になるくらい伝説的なライブとして語り継がれて(すでに)います。

 

その、ライブを行った彼女と、足つぼマット上でおばぁになってる人が同一人物っていうのが不思議でね。

 

でもね、ワンダーランドでの歌唱をみていままでなかったわけではないんだけど、歌に更に存在感が増したというか。

なんだろう、スーッとうまい感じで歌っていたのが、ふわっと羽を広げて歌っているような感覚さえ感じた。

 

有安杏果ソロとしての武道館は、記事でのみの受け取りなので実際その場所にいなかったからこその発想という感じになるかもしれないけど。

 

様々な憶測もあったみたいですね。

あれ、ももかこのまま、まさかっていう。

 

彼女のもってる雰囲気がそう思わせてしまったのかもしれないけど。

というと色々誤解をうみそうだけど。

 

まぁいっか。

 

 

それだけ、ソロコンにというかソロとしての有安杏果にのめり込んでいたってことなんじゃないかな。

 

でも、それでも、ももかを推してついてきてくれるみんなに、ことある事にありがとうって何回も言ってたじゃん。

 

ももクロがあったからこそ、自分の魅力を伝えられて、で自分を推してくれる人に対してはこれでもかってくらいに感謝して。

 

それがあったからこそ、こうしてソロの活動を、自分の夢を叶える為のある種我儘を、メンバー初めとする周りの人に強いる事が出来るほど、ももか自身が我を出してきてる事が嬉しいとまで思ったんですよ。

 

で、その中でがっちりしっかり仕上げてきて(ナンバリングを追うごとにね)完成系を(今の時点での有安杏果としての最高点)見せてくれたと。

 

これで、ココロノセンリツ(シリーズ)が完結した。

自らの夢の続きをキッズに託して。

 

じゃあ、そのままソロを封印してももクロに専念するのだろうか。

 

いやしないでしょう。

 

来年にはまた新たなソロを見せてくれる…

 

 

 

 

 

と簡単にはいかないでしょう。

ももかの性格上、ココロノセンリツを超える何かを自ら見つけない限り次はまだ先……

 

 

 

 

 

と思いきや、やりたい事が溢れてきて、ももクロの活動にあわせて出来る範囲で徐々に色々仕込んで、ソロ曲を作詞作曲してもしくはメンバーやももクロに曲書いたり…

 

 

そんな夢をみせてくれたきがします。

 

 

ワンダーランドのパフォーマンスに関しては、メンバーそれぞれパワーアップしてる。

確実にしっかりと。

 

ロスチャめちゃくちゃかっこよかった。

 

5 the powerをももかが選曲したのも意味があるんじゃないかな。

 

無敵になれる。

 

立ち行かないことがあっても、そっとさりげなく5人がフォローしてて(意識的、無意識関わらず)

 

そんなこと思った5 the powerは正直目頭が熱くなった。

 

もともと好きなのもあるけど。

 

ソロで各自が蓄えてるパワーを持ち寄った5人がそろった時の、ももクロ感。

 

あの無敵な感じ。

 

いい意味でそれをガッチガチに固めないように解してくれるれにちゃんのぶち壊し。

 

最高だろ。

 

表現としての幅が広がり、自分を魅せる上で最強のあーりん。

 

アーティストとして脱皮して、ある種のオーラを纏ったももか。

 

 

女優として存在感、いるだけでパッと明るくなる太陽、かなこちゃん。

 

 

今回は主役風と自身で行っていたけど、場を回すのに長けてるしおりん。

 

 

 

5人が揃えば無敵だよ。

 

きっとこれからも。

 

 

そこを知っているからこそ安心して有安杏果を表現できたんじゃないかな。

 

 

これからのももクロが楽しみでしょうがない。

へんな不安なんてワンダーランドでぶち壊したよれにちゃんが。

 

 

 

ただ一つ

 

 

 

 

インスタかな?しおりんが、ももかのソロコン見て

「自分の世界を表現できるってすごい」

 

この、言葉がひっかかっています。

 

【過去レポ】国立

話題に出たので、初めてのももクロライブのレポ。

三年前か…

 

興奮しすぎてめちゃくちゃですが、そして本当ただのその時その時の感想です(笑)

 

 【過去レポ】シリーズで書いたやつはそのうちだしていく予定~!

 

加筆なし!当時の雰囲気を!

 

国立は色々分かってなくて純粋に湧いてたな(笑)

 

そんな国立どうぞー

 

 

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ももクロ春の一大事2014 
国立競技場大会 
〜NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ〜 
(3月16日) 

行ってまいりました!!!!! 
遅くなりましたがレポというかただの曲の感想になってしまているが覚えている限りで。


チケット譲ってくれた友人ありがとう! 
行ってきていいよと送り出してくれたカミさんありがとう! 
ももクロありがとう! 
セトリは拾い物ですありがとう。 

ライブにいったらさらにはまるよ。と違う友人には言われていたがマジでそうなったwwwww 

はてさて、、、 
拾い物のセットリストとともに追っていきます。 


希望は一曲目オレンジノート! 




その前に・・・ 

席はまさかのアリーナA!!!!あーりん側!!!!! 
分かりやすく言うとももクロちゃんたちが自分の手のひらくらいの大きさで見れる位置!
表情もなんもかんもしっかり見えた! 
ステージは縦横無尽だったので、あっちゃこっちゃ行ってたけどw 
とりあえず、チケット取っ友人はしおりん推しなので、逆サイドw 




ドンマイw 





そわそわしているとはじまるあの曲。。。 

★SE:overture 

M.O.M.O MomoiroClover 


あーーーよっしゃももクローーー!!!! 

れに!! 

かなこ!! 

ももか!! 

しおり!! 

あーりん!! 

行くぜももいろクローバー!!!! 

Are You ready? 
Here comes the show! 
Now begin the countdown! 



5,4,3 2 1 GO! 

うりゃ!おい!うりゃ!おい! 

(」・ω・)」うりゃ!(/・ω・)/おい!


これクッソ上がるwwwwwここですでにテンションのメーター振り切りwwwwww 



Are You ready? 
Here comes the show! 
Are You ready? 


Mo mo i ro Clover Z! 
[も も い ろ クローバー  ゼーット] 

聖火台から登場した5人がうりゃ!おい!してる時に登場し、トロッコのようなものに乗って降りてきた! 
この時の衣装で一曲目確定w 



★01:ももいろパンチ 

夢は破れたがメジャーデビュー曲のももいろパンチ! 
ゴーゴーゴーゴー!行くっきゃない♪ 
ララーララーブ!アイラービュー♪ 

ピンクの和風な感じの衣装。 
確かももクロの最初のコンセプトは和風だったんだよね。 
なんかの番組で見たことはあった。 
ももいろパンチ歌ってたな確か。 

そんなこんで続くシングル発売順! 


★02:未来へススメ

いつかいつかたどりつける夢に夢に描く場所! 
歌詞のようにたどりついたねー。 
誰が予想してたでしょうか。。。 


★03:行くぜっ!怪盗少女 
3曲はみなさんご存じ怪盗少女! 
この曲を姪っこが気に入ってダンエボでの課題曲になり 
色々聞いてるうちに大人がはまるというパターンwwwww 

姪と俺に火をつけた曲w 
これでヒャダイン知ってヒャダインの曲自体もはまっていくことに。。。 


生の「絶対アイドル!あーりんわっしょい!」 


かなこのエビぞりも見事だったよ★ 



★04:ピンキージョーンズ 
そんで続く好きな曲! 
走れとトップ争いするくらいスキな曲w 

逆境こそがチャンスだぜい! 
雨も嵐もさあ来い!さあ来い! 
体はりまくり♪ 

さびもいいけど、メンバーの名前入るところもしっかりコールしましたw 

あかり照らせどこまでも(あかりんパート今はあーりんが歌ってる) 
レイニー雨が降ったって(れにちゃん) 
いつかいつか届くのかな、この思いは(かなこぉ↑↑) 
しおりはさむ夢のページ(しおりん) 
シャイニーくもも輝くよ(ももか) 

頑張れタフな仲間達 

あやかっていざ!!!!!(あーりん) 

まじ泣けるね!そして上がる!テンション!


★05:ミライボウル 
チリリリリン♪ 

ピンクのハート!(ホント?) 
真っ赤にもう擦り剥いてもいいのよ(オーノー) 
青春の痣 紫に残ってても 
黄色い声でね告白えお(ね) 
ユメミドリーム色々女子はね大変だ 

これも掛け合い楽しいwライブ向きw 


VTR:過去映像 
ここでVTR。。。 
国立きまった時の南Pさんのとこだったかと思う。 

泣けた。何度見てもあれは泣ける。 

そしてそれぞれの心境を語ったVTRなどなど。。。 

涙なしには見れない 


で続く、、、 


★06:Z伝説 〜終わりなき革命〜 
生の立木さんですよ! 
戦国BASARAの大谷ですよ! 

生立木のナレーションでZ伝説とは豪華! 

ももいろクローバーZ 幾多の困難を乗り越え5人となったももいろクローバー 
突然渡された変身ベルトに 少女たちは何を思う第四話 「Z伝説〜終わりなき革命〜」) 

(RED!!) 
はーちはち でーこでこぱち えーくえくぼは恋の落とし穴 
(うりゃ!おい!×4 なんとかかんとかかなこぉ↑) 


(YELLOW!!) 
泣き虫甘えん坊 食いしん坊みんなの妹ですっ!! 
(うりゃ!おい!×4 みんなの妹しおりーーん!) 

(PINK!!) 
あーりん☆ YES!!あーりん☆ももクロちゃんのアイドルなのだ 
(うりゃ!おい!×4 絶対アイドルあーーーりーーーーん!!!!) 

(GREEN!!) 
チビだからってなめんな! 歌もダンスも誰にも負けないぜ イェイイェー 
(うりゃ!おい!×4 元気でありやす!ももかー) 


(PURPLE!!) 
ぴぽーぷぽーぺぽーぱーぽーぴーぽぱーぽぴぽ ビリビリ感電! 
(笑顔が一番れにちゃーん!) 


わたしたち泣いている人に何ができるだろうそれは力いっぱい歌って踊ること 
よっしゃやんぜー! 


8文字コールと言うらしいです。 
初めてきいたwwwwのでかなこだけわからなかったw 
席の近所のかなこ推しの人は言ってなかったかな? 
とりあえず名前だけしかっり叫んだw 



★07:D'の純情 
ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!
姪っこがよく踊ってるwwww 



★08:労働讃歌 
ライブで大化けしたといわれる曲w 
確かにライブで盛り上がる曲だなー!と思った! 


★09:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 
僕は君の事を思い続けるだろう! 
モーレーツ!!!! 

コーラス隊の迫力すごかった! 
そしてちょっとマーティ期待したがでてこなかったw 


MC:自己紹介 
ここで恒例の自己紹介。 

れにれに体操第一、いくぞー!(おー!) 
右手を上げて〜、左右に振って〜 
今日も愉快にいっちゃうよ! 
いつも〜のんびり〜(高城れに!) 
あなたの後ろに〜(高城れに!) 
一家に一台〜(高城れに!) 
そんな〜私は〜(高城れに!) 
ももクロの感電少女、高城れにです。 

おっ肌っのおっ手入っれ(キュキュッキュキュー!) 
あーりんのほっぺは?(ぷにっぷにー!) 
ぷにっぷに〜?? 
ぴちっぴちでしょ!(ぴちっぴちー!) 
ちょっぴりセクシーでお茶目な、ももクロのアイドル、 
あーりんこと佐々木彩夏です。 

しおりんのあいうえお作文ー!(イエーイ!!) 
(しおりんの「し」〜!)しからないで〜 
(しおりんの「お」〜!)おこらないで〜 
(しおりんの「り」〜!)リズムにのって〜
(しおりんの・・・「ん」〜〜〜〜・・・)ん〜〜〜〜・・・ 
今日も一緒に(レッツももクロちゃーん!!) 
泣き虫で甘えん坊なみんなの妹、しおりんこと玉井詩織、 


ちっちゃい〜けれど〜元気で〜(ありやーす!) 
ちょっぴり〜おバカな〜ももかで〜(ありやーす!) 
最後に〜みんなで〜一緒に〜(ありやーす!) 
ももクロのちょっぴりおバカな小さな巨人有安杏果 

かなこ: 
(はち、はち、はち、はち、でこっぱちー!) 
茶畑のシンデレラといえば? 
(かなこぉ〜〜〜↑↑) 
えくぼは恋の落とし穴、百田夏菜子です。 

あーりん以外毎日ヒロインになったのかな?


★10:Z女戦争 
3時の方向に敵機発見デストローイ! 
乙女の祈り!リンリンリリン♪ 

この曲もスルメw聞けば聞くほど好きになるw 

あーりんの 
「校庭10週!?まさかの先生・・・盲点だった見ー逃して!」 
も聴けて満足wwwww 



★11:サラバ、愛しき悲しみたちよ 
この曲の曲調かわる所がすごい好き! 
生で聞いて鳥肌たった! 
ももかパートですが。 

そして何処までも続く夢をみた 
天使が舞い降りてきた 
そして何処までも続く空のもとで 
自由になりたい! 

ここね!ここ! 


★12:GOUNN 
そしてGOUNN 
ここでもももかパートの生の「甘露の匂い!」で鳥肌w 
最初聞いたときパッとしなかったがかなりのスルメっぷりを発揮w 
シャングリラ!遮二無〜二無二♪ 
メンバーが舞台から消えて、合成の映像が流れる。 
それぞれのメンバーのもつ玉の中にその場にいる会場のモノノフが映し出されてた! 
あーりんの時に俺映ったら笑うなwとか思ってたw 


★13:泣いてもいいんだよ 
ここで新曲! 
まさかの中島みゆき作詞作曲! 



★VTR:過去映像 
なんの映像だったか失念 


★14.Neo STARGATE 
そしてここからは1日目と違ったセットだたらしい。 

舞い上がって舞い上がって 
囚われを全部解除して 
迷いを蹴り上げその時は来る 
研ぎ澄ませ自らをそぎ落とせ古いパラダイム
今なら間に合うシフトしてゆけ 
時間軸は永久の今コードは愛だ 
未知なるみち次元上昇 

ダンスと世界観カッケー!!!!!! 

そしてパラダイムと言えばももクロchanでパラダイムの意味をメンバーに聞いたときにあーりんがパラダイス的な意味合いでネタにしてたのを思い出したw 

番組P「佐々木さんどこいく?」 

あーりん「パラダイムー!」 

めっちゃかわいい( 


★15:BIRTH O BIRTH 
引き裂いてー!現在を引き裂いて生まれ変わろう! 
生まれかわり! 

カワイイだけじゃものたんないない! 

かっこいい感じにもシフトしていくって感じだろうか。 




★16:黒い週末 
れにちゃんの咳き込みから始まりますw 
黒い週末カモンライディーン! 

これもテンションあがる! 
魂を揺さぶって! 

盛りがるーーーー! 


★17:Chai Maxx 
そんな黒い週末からの??? 

チャイマックスいっちゃいまっくす? 

きたーーーーーーーーーーーーー! 
あーりんの煽り!!!!! 

周りに迷惑にならない程度に踊りますw 
みんな踊ってたw 

もりあがっちゃいまっくす!!!!!! 


★MC 
何話してたかな 



★18:Believe 
ガンダム歌姫の玉置成実の曲のカバー 
これのももクロの踊りがみんなで移動するようなやつですごい好き 
カッケー。 
そしてももクロの曲と思ってる人も多いみたいw 
元々好きな曲(玉置成実のやつCDもってたw)なので余計にテンションあがるw 



★19:いつか君が 
miwaクロです。 
miwa作詞作曲! 
まったり! 


★20:灰とダイヤモンド 
そしてやってくれないかなーと思ってた灰ダイ! 
来たよ!スルメ! 
色々考えてみてて少し泣いた 



★21:鋼の意志 with高見沢俊彦 
本編最後の曲! 
ここでスペシャルゲストタカミ-wwwww 
髪が短かったw 



★MC 
本編ラストの挨拶。 


★SE:overture 
結構速かったなwアンコールはじまるのw 


★EN1:CONTRADICTION 
これもライブでもりあがる! 

★MC 
新曲でーす的なやつだったか? 
映画の主題歌でーす的なやつだったか? 

★EN2:堂々平和宣言 

てやんでい! 
べらんめい! 

ある意味ふざけた歌w 
これも多分ライブでやってくうちに化けると思うw 


★EN3:オレンジノート 
そしてここで来ました! 
オレンジノート!!!!! 
生のしおりんラップはやっぱりしおりんだったwww 


★EN4:ももクロのニッポン万歳! 
そして続いてきました!!!!! 

もちろん、んーーーーーーあーりーん!は叫んだよ!! 

これの動画探してる時に、東北の地震の後につくられてライブで披露した時に、東北パートの部分でももかが泣きそうになりながら歌ってるのがあって、それ見て泣いた。 
んで思い出して泣きそうだった。 

福島の桃が大好きです! 
山形さくらんぼ大好きです! 
宮城の牛タン大好きです! 
あきたこまち大好きです! 
青森リンゴは鉄板です! 
岩手のお魚大好きです! 
どうか諦めず希望をその胸に! 




★EN5:あの空へ向かって 
で、ラストはこれですよね。。。 
これで、また泣きました。 

新規ノフですが。 

泣きました。 



MC:感想 
それぞれの感想。 
一人ひとりメインステージから後方の聖火台のある方へ歩いていくんだけど、一番最初にいきなりれにちゃんだけ歩きだして、多分みんなも思ったと思うがれにちゃん卒業!?とかちょっと考えてしまった。 
その後5人みんな後方のステージにたどり着き、みんなで聖火台まで上がって最後の一人ひとりの感想。 

そこでれにちゃんは一生ももクロ宣言してたw 

で、この感想の部分でまた泣いた。 

それぞれの思いを感情移入して泣いた。 

普段あほなリーダーだけどこういう時とてつもない(褒め言葉)こと言うから不思議。それも魅力なんだろうねー。。。 


で、最後にエンディングVTR流れて終わっちゃいマックス。。。 


初めて行ったももクロのライブでした。 
案の定もう、抜け出せないと思ったwwwwww 

れにちゃんの笑顔は確かに生で見ると魂抜かれるかもと思ったw 
かなこのハイトーンボイスとMCでのボケと最後の挨拶のギャップ 
しおりんほっそ!そして確かにカワイイ 
あーりんはもうね、あーりんでした!フィルターはずしても全然ぷにっぷにじゃなかった他が特にしおりんが細すぎw 
ももか歌うまい!ダンスも上手い!そしてちっさいw 

と、このように箱推しになていくんだなーと痛感wwwww 

ま、俺は押し変はしませんけどね! 

そんなこんななスゴイいいライブだった! 
あまり詳細かけずに曲の感想になってしまったのはご愛嬌wwww 


興味のない人流し読みありがとうございましたw 

願わくば、みんなももクロききましょうw 

ももクロ推し

みなさんご存知、ももクロとはももいろクローバーZの事です。

 

その事は知ってるし、曲もテレビで見たりするやつは知っているって人がおりました。

 

そのこを、夏のバカ騒ぎに招待したところ、翌日からBGMももクロきいてますよ!と嬉しい報告がきました。

 

刺さったのは「境界のペンデュラム」

 

色々知ってたこなので、マーティ・フリードマン人間椅子和嶋さん、ハマ・オカモトピエール中野、などなどあまりおおっぴらになってない参加者などを話したところ、翌週にバトルアンドロマンスと白金の夜明け、アマランサスをまわして、きいてます!とまとまた嬉しい報告が。

 

ここで、5次元はなぜ聞いてないのか?と質問したところ、ジャケットが……

 

 

あー

 

 

 

あー…ドリアン

 

 

 

 

あれ、ももクロだよ。顔出てるジャケなかったっけ?

 

と。

 

個人的に5次元に入ってる曲好きで、国立でのネオスタ、、、鳥肌止まらなかった。

 

超かっけー。

 

アルバムでたての頃は色々ありましたが。

 

 

聴いてるうちに、ライブや自分たちの中でスルメの如く曲は育ちました。

 

 

仮想とか明るい曲だけど、なんか泣いた。

 

 

色々あった時だから。

 

 

ひとりひとり

希望の下を

掘り下げていったら

つながってた

オアシスだった

 

そんな仮想や、前回書いたように俺が恐らく完全にハマる事になりしかもライブでの統率感がなぜか好きな猛烈、意外と好きな5thePOWER、サラバ、ゲッターン、そんで太宰府天満宮に奉納されるまで成長した灰とダイヤモンドなどなど。

 

 

そんな名盤があるよ?と薦めたので、今週にはいい報告がきけるでしょう(

 

こうして、お節介をして同志を増やしたくなるなるモノノフあるある。

 

良い方向にはまってくれるといいな。

 

こうしてきっかけを大事にしてくれる人はすごい好きです。

自分で見たもの、聴いたもの、それを信じる。

 

見ない、聞かない、所詮が口癖、なんでもかんでもシャットダウン。

悪いとは言わない。良いとも言わないけど。

ただ、僕は関わりたくないですね。

 

暖簾に腕押しや柳に風くらいならまだいいけど、暖簾すら触らせてもらえず、風も吹かせてもらえないそんなシャットダウンだけは、したくないですよね。

 

目の前の、私たちを信じろ!

これがアイドルだー!!!

 

そう。

 

これからも、目の前のアイドル、ももいろクローバーZを信じたい。

 

例えば、何らかの理由により間違ったことをしていたら正したいとは思う。

 

何が出来るわけではないけれど。

 

 

でもやっぱり、ももクロは生涯推していけそうです。

 

 

まとまりのない記事になりました。

 

 

点在の文章。

 

 

繋がって線になりますように。

 

夏のバカ騒ぎが楽しかった話

こういう書き物はじまるといろいろと考えてしまいどんどん、手付かずになる傾向。

 

自分の感想なんだからもっと気ままにお手軽に書こうと。

 

そう思いました。

 

人それぞれ言いたいことがある。

自分が見聞きしたものやそうでないもの。

なんに関しても言いたいことはある。

 

全部か全部肯定されるわけではないし、否定されるわけでもない。

 

徒然なるままに。

 

 

さて、では。 

まずは、夏バカからですね!

 

 

夏のバカ騒ぎ2017

Road to 2020

 

BLASTはじまったとこまで前回書きましたっけね。

 

サラバ→上球→デコレ→ペンデュラム→労働

 

久しぶりの現場でしかものっけから好きなの曲ガンガン詰め込まれて、頭のネジはとうの昔に飛んでったぜ!状態!

 

上球!あーりんの生デュビデュビダバダ!!

取り残されたくないよ!戦々恐々!

 

かーらーのー

 

デッコレッイショーン!!!

 

踊り超かっこよかった!

で、ペンデュラムですよ!

何本ネジ外れたか。

 

姪っ子も楽しそうにサイリウム振ってたのを確認!予習してきてねーとは言ったものの今のところサラバくらいしか知らなかったかな?

あ、悪夢ちゃん!と言ってた。

よく良く、考えるとサラバ上球デュビデュビ繋がり?

 

上球デコレはダンス

 

まぁまぁ天空だったのでちょっと音ズレてるかな?と思うところがあったり。

まぁ、小さいことは気にしないで楽しもうと思ってるところに、労働で体動かしましょう!!

 

ちょっとスポーツがどこで挟まれたかわからなくなってるんだけど、空手の演舞、走幅跳飛び(片足義足)100メートル、ハードル、高飛び、中距離、長距離(ハーフマラソン)クライミングなとなど、スポーツとライブの融合と言うだけあって、かなり盛りだくさんだった!

 

いつだって挑戦者の曲とスポーツのマッチ感ね。

マー君の応援歌だしマッチするのは当然とはいえ、実際スポーツみながら聞くとかなり鳥肌モノでした。

 

 

で、オリンピックといえばPUSH!

 

私は1曲目に予想していたけど、途中でした。

だがやっぱやってくれたー!という嬉しさと、あーりんソロパートで全身ビリビリ!

 

風に揺れるはな

首飾りにして

あなたにかけてあげましょう

 

 

ここでここそこあそこみつからないぜパパイヤマンゴーコッコナッツ!

 

 

水は来なかったけど(

 

 

楽しそうなメンバーを見つめてニヤニヤ(怪しい

 

 

ナッツ!!!!!!

 

 

 

盛り上がったところで、最高潮の曲きます!

 

 

かなり、好き

 

 

 

ノフ完全になったきっかけの1曲目でもある

 

 

 

猛烈!!!!!!!!!!

 

 

 

何が好きって?

この曲自体も好きなんだけど、アイアイサーの部分ね。

 

 

この、調教されしモノノフ全員が我わらが5人の大天使に向かって、少し引いた目でみるとちょっと洗脳に近いものあるのでは?と思うくらいの揃い具合でのアイアイサー!

 

(`・д・´)/ ジークジオン!!ジークジオン!!

(`・д・´)/ ジークジオン!!ジークジオン!!

(`・д・´)/ ジークジオン!!ジークジオン!!

(`・д・´)/ ジークジオン!!ジークジオン!!

(`・д・´)/ ジークジオン!!ジークジオン!!

 

 

これに近いものはある。

 

 

熱狂的なものが徒党を組むと途端に暴徒になる可能性が高いけど、すごい、そろってるしみんな5人しか見てないし。

 

 

怖いものはあるけどめちゃくちゃ胸に来るものはある。

 

 

Overtureもよくフェスとかで驚かれるけど、猛烈のアイアイサーもかなりものと思ってます。

 

すごい好きです。

 

なんとなく一員になれた気がして。

普段在宅多めでややけもの道でわりとぼっち多めなので、この一体感は中学の部活をちよっと思い出してハイになる。

 

その後、全力少女、JUMP、オレンジノートで、クールダウン。

 

上げっぱなしだと体力的におじさんきついから、このクールダウンは安心して聞いてられるしいいね。

 

JUMPライブで初めてきいたけど、かなこちゃんのアカペラ始まりかなりグッとくるね。

 

全体通して思うことは、歌に安定感がかなり増してるってこと。

不安定な部分も応援のしがいがあって(?)いいんだけど、安定してるとやはり安心してきいてられる。

 

フォーク村のおかげかね。

幅が広くなって、色々な場面での音のとり方がうまくなったのか。

ライブで鍛え上げてるってもあるんだろうけど。

体壊さない程度にライブしてほしいね。

最近ライブのペースが短くなってる気もするし。嬉しいんだけどね。

 

さぁ、そんな中すっかりライブの盛り上げ曲ゴリラパンチ!!!

 

(」・ω・)」うりゃ!(/・ω・)/おい!

 

もいいんだけど、私は

 

(」・ω・)」うっ!(/・ω・)/ほっ!

 

って言うようにしてる。

なんとなく。

まぁ、結構いると思いますが、まだ(」・ω・)」うりゃ!(/・ω・)/おい!のが強いかな。

 

俗に言われる、家虎騒動。

 

 

個人的にはどうでもいいんだけど、近くにいて、うるさかったらいやだなー程度。

 

 

個人個人

思い思いの

応援方法はあるだろうから。

 

 

さぁ、そんなことより目の前のももクロを信じろ!見て目に焼き付けよう!とは思う(見ずに大声出してるだけのような人にはね

 

 

 

まあ、いいや。

 

 

 

 

そんで、次はなんだ

もっ黒と桃源郷か。

 

個人的にダラダラ出来て好きな曲。

もっ黒と堂々。

桃源郷は歌が安定した分さらに、透明度がました気がします。

 

その後、武井壮VSのチェリー!

 

武井壮流石だなと思ったよ!

彼にはまだまだももクロ応援してほしい。

 

アーティスト兼スポーティな部分でも引っ張りあげて欲しい。

 

今回の融合もそうだけど、義足の幅跳びとかあの高さの棒高跳びとか生で見るの初めてだった。

ももクロのライブみながらスポーツ観戦もできるってかなりお得だったと思うんだが。

東京オリンピックみにいこうと姪っ子と約束してるので、オリンピックみながら脳内ではいつだって挑戦者とかが流れているんだろうな。

 

オリンピック、パラリンピックももクロが絡めれは1番いいけど。

 

さぁさぁ続き!

 

怪盗、走れ、桃色空と名曲ぶち込んできましたね。立て続けに。

 

姪っ子も知ってて好きな曲

 

桃色空からHANABIでしっとりしたところにワニシャン!!

 

扇子忘れたー!!!!

 

 

まぁいいやーーーー!!!!

 

 

 

で、希望の向こうへで終了~からのアンコール!!!!!!

 

 

 

 

ハッピーリバースデイ!とコノウタ!

 

ももクロChanでさとしが言ってたけど、本当最年長のお婆さんいいとこで帰ってきた。

 

あれちょっと感動して泣いた。

 

 

そんなネジポロポロおもひでぽろぽろ

 

 

いやーーーーー

 

 

楽しかった!!!

 

 

スポーツと本当ももクロ相性いいと思う!

 

このライブで色々掴めたんじゃないかな。

今後の興行も。

 

 

そんな夏のバカ騒ぎが楽しかった話でした。

 

 

次回はあーりんソロコン!(予定(は未定

 

 

チェリーパイとハンバーガーボーイ

夏バカの話が始まったばかりなのに…

 

Ayaka-nationの話をしようとしてます。

 

えぇ、それだけに言いたい事があるとかないとか。

 

だかしかし!ハウエバー!

 

まだ書きません。

いやね、一応明日もまだライブ残ってるし、誰が見るでもないけどたまたま検索とかで引っかかって目にしちゃったら俺だったらしょっくだなぁと。

 

 

そんな訳で、アヤカネーションの話も進まず(

 

夏バカも途中

 

 

別記事の移動もままならず!

 

 

その中でも言いたい事。

 

 

 

ネタバレない程度に箇条書きします。

 

 

 

 

安定の天空席!(一番後ろが2階14列で僕13列

 

チャンスもらった人は明日完璧にお願いします。ぼくいけないけど。

 

ハンバーガーボーイかっけー!

 

まじチェリーパイ!

 

あーりんはあーりん!

 

そして、あーりんisフォーエバー!

 

 

夏バカまとめたら、あーりんまとめます。

 

まとまんなさそうだけど。

 

 

踊ろうぜ!チェリーパイ!